お得情報.jp

一覧へ戻る

幼児・小中学生からの 学習、勉強法

このページのカテゴリ

このページのキーワード

  勉強  小学生  学習  乳幼児  中学生  発育  育成  児童  比較 

幼児・小中学生からの始める学習、勉強


乳幼児・小中学からの早期学習で差を付けよう!
お子さんの学習、勉強は、今の時代学校教育だけでは不十分です。

就職難の現代日本においては、ただでさえ希望ある将来像を見出すこと自体が大変困難であり、普通に皆がやっているようなことを当たり前にやっているだけでは『不十分』なのです。

厳しいことを言うようですが、それが『現実』です!現実から目を背けていては、明るい未来など絶対にやって来ません!その現実と戦っていかなければ、子供に未来は無いのです!

目次
※このページ内の該当箇所へスクロールします


なんだかんだ言っても 社会に出れば 学歴がものを言う

やっている人はやっている 早期学習

幼児向け オススメ早期学習

小中学生向け オススメ早期学習




1) 学歴の必要性

実際、世間では色々言われていますね。

『これからは今までのような学歴社会ではなく、子供の個性を生かさなければならない。』だとか、『学校の勉強・学歴だけではない。』だとか。確かに聞こえはいいでしょう。

ですが、現実問題社会で生きていくためには、それなりの学歴が無ければ戦ってはいけません。高所得を約束されている職業のほとんどは『人並み以上の勉学が必要』なのは言わずもがなです。

『医者になるには医学部』『弁護士などの放送関係なら法学部』『大学教授や研究機関に所属するなら、大学院での博士課程修了は必須』などなど。

安定している公務員だって、国家・地方に関わらず公務員試験に合格しなければなりませんし、当然勉強していなければ受かることはありません。

なんだってそうです。公務、民間を問わず、それなりのところへ行くためにはそれなりの『学歴』が問われることは、今後社会がどうなろうと変わりません。何故なら、今そういった職についている人たちというのはすべからく、皆『同じ道を歩んできたから』に他なりません。自分がそうだったのだから、同じ道を歩んできた者を『優先的に』採用するのは当たり前なのです。

一部の、例えばスポーツ選手だとか芸能人だとか職人であるような、才能や長い年月を下積み修行に宛て、更にその中からふるいに掛けられて残った一握りの一流として活躍をする人たちも中には居ますが、とは言えハナからそれを子供に目指させるというのは、ハッキリ言ってとてもリスキーに過ぎます。残れれば良いですが、仮に挫折した時に、では別の道を模索する、というのはとても難しい事ですね。平たく言えば『潰しが効かない』のです。

ある程度『選択の幅を広げる』ためには、やはり勉強は大事ですし、もっと言えば『学歴はあるに越したことはない』わけです。

実際『高学歴なのにワーキングプア』だという人たちも確かに増えています。ですが、『学歴が無かったが故に仕方なくワーキングプア』であるのと、『学歴はあるが何らかの理由でワーキングプア』であるのとでは全然違います。前者はもうどうしようもありません。最初から努力をしてこなかったのですから、元々『他の選択肢が無い』わけですね。であれば、やはり『下地の基本』として、子供には出来るだけ高学歴を修めさせたほうが、後々の選択の幅を広げるという意味では必要不可欠であるわけなのです。


また、人が人を判断する際に、その人のことを最もよく理解でき易い『指標』も、やはり学歴なのです。

確かに、一歩社会に出てしまえば学歴なんて関係ありません。その人が努力をするか、仕事を効率的にこなし、成果を上げ、所属先に貢献できるかなど、その人の人間本来の『人間力・社会性』こそが最も重要です。いくら学歴がよく、勉強ができていたとしても、そういった社会の中で評価を得られ、認められる人材になれるかどうかはまた別の問題ではあるのです。

ただし、それは『社会に入り込んで初めて必要とされる』のであり、その前の段階では、その人に『社会性や人間力があるか』なんてことは、解かりようがありません。

勿論、試験だけではなく面接だったり使用期間を設けるなどをして、そういった人間性を見ようとする動きはありますが、やはり限界があります。

極端な話、『甲乙付け難い、全く同じ2人の人材』だったとした場合、採用側、選ぶ側というのは、結局『学歴の良いほう』を採るのです。

学歴が高いほうというのは、それだけ学生時代に与えられた課題をよくこなし、試験勉強に打ち込み、大きな問題を起こしてこなかった、ということが保証されているからです。どれか一つでも欠けていた場合は、必ず学歴にも傷が付いているはずだからですね。

学歴が高いということは、それだけ努力家であり、人間的に真面目である、という指標となり得るので、採用する側もそういった人材のほうが『期待が持てる』わけなのですね。だからこそ、子供に学歴は必要であるのです。


ですが単純に、普通に学校での勉強だけを一生懸命やらせておけばいいかというと、それもまた疑問です。何故なら、『学校の勉強はやって当たり前』だからです。それをやれていない時点で、まだ『スタートラインにすらたてていない状態』であるのです。

人と同じことをやっているだけでは、人と同じようにしかなれません。ならば、人と違うことを模索していかなければならないわけですね。

お子さんがとても勉強熱心で、かつ物覚えも良く、スポンジのように知識や勉学をガンガン吸収していけるような『才能』を有しているならば、或いは独自の有用かつ高効率な勉強ができているかもしれません。

ですが、そういったことが出来る、いわば『天才的に頭の良い子供』というのは、ハッキリ言って非常に『少数』です。それこそ、天性の才能で一流スポーツ選手に慣れたり、一流芸能人に慣れたり、といったような、本当にごくわずかの限られた天才だけにしか許されないような事なのです。

一見そういったことが出来ているように見えていたとしても、それが果たして本当に『世間的に有用な手法であるのか』は分かりません。たまたま今はそれで成功していたとしても、この先もそういった『独学』で成功し続けていけるかどうかは未知数ですね。

まして、小中高での勉強はスムーズに行けたとしても、『大学受験』で挫折してしまっては話になりません。

現在、日本社会においては『大学に入って当たり前』です。逆に言えば、大学に行けないような学力・環境の人間には、明るい未来など望むべくもないのです。

厳しいことを言うようですが、これが『現実』です。

採用側だって、小中高での学歴などは、よっぽどの一流校以外であれば歯牙にもかけてくれません。大事なのは、やはり『どこの大学を出たのか』です。

よって、大学受験を成功させるかどうかが、最も重要であるのです。その為に、小さい頃から『勉強の習慣を付けさせる』或いは『小中高から高偏差値の進学校を目指させる』などの必要があるわけですね。全ては『一流の大学に進学させ、かつその大学を卒業させ、その後の就職に役立つ学歴を身に着けさせる』ためのステップであるわけなのです。

どこかで気を抜けば、結局最終的には『その程度』で終わってしまいます。その程度の勉強だけしていたのでは、その程度の学力しか身に付かず、その程度の学歴で終わってしまうでしょう。そうなれば、その程度のところにしか就職できないのは火を見るよりも明らかです。

▲このページの目次へ

2) 勉強の癖付け、着手は早ければ早いほど良い

お子さんがまだ小さく、正直『まだそれほどガチガチに勉強させなくても…』と思っておられる方も多いかもしれません。ですが、お子さんに『基礎』を身に付けさせ、『勉強の癖付け』をさせることが出来れば、いざ来る受験に際しても無理のない導入を図れます。

要するに、それまで全く勉強をする習慣が無かったのに、いざ勉強をしなければならなくなった時、いきなり今までやっていなかったことをやろうと思っても中々大変であるわけです。

下手したら挫折してしまうかもしれません。モチベーションの維持が難しくなってしまうかもしれません。

そんな時、他の過程ではあまりやっていないような早期からの下地作りを行なっていれば、お子さんに差を付けさせることが出来るのです。

よって、早すぎると言うことはありません。そして、これから始めさせようと思っているなら、遅すぎると言うことも無いのです。

思った時こそチャンスの時です!躊躇しては、せっかく気付いた絶好のチャンスを撮り逃してしまうことになってしまうかもしれませんよ!?

また、昨今は治安の悪化に伴う青少年を巻き込んだ犯罪も増えており、中々塾に遅い時間まで通わせることも大変かと思います。送迎の時間を確保しづらいなどの理由から、塾通いというのも結構敷居が高くなってしまっているのではないでしょうか?更に、地方在住の場合などですと、近くに熟が無い、というような環境の場合もあるかもしれません。

ですが、昨今のインターネット・webの発達に伴い、早期学習をご自宅でネットを通したりウェブ教材を活用して、ご家庭に居ながら学習させることが出来るシステムも発達しています。

遅い時間に外に出す必要はありませんので、お子さんの安全を守るのは勿論の事、ご自宅で学習させることが出来るということは、お子さんの学習を間近で見て確認することが出来るということでもあるのです。

勉強させるのも当然タダで、というわけではありません。せっかく費用を掛けるのですから、ちゃんと成果が出せる方が良いに決まってますね。

▲このページの目次へ

3) 幼児・小中学生向けオススメ学習法

それでは実際に私がオススメする早期学習プログラムをいくつかご紹介していきたいと思います。

1) 幼児~小学校入学前のお子様向け

まず最初にオススメするのがコチラの右脳・左脳・心を育てる七田式家庭学習システム【はっぴぃタイム】

人間の脳というのは、5歳くらいまでで大体完成されると言われています。

具体的には、5歳までは脳細胞は活発に増加し続け、脳内での情報処理能力に影響を与えるシナプスも爆発的に形成されていくのです。

ですが、5歳を過ぎた辺りから、脳細胞は細胞分裂しなくなっていき、その後は永久的に増加せず、ひたすら死滅していくだけなのです。当然、シナプスの形勢も鈍化を始めて行ってしまいます。

そこで、この【はっぴぃタイム】『右脳教育』や『右脳トレーニング』で知られる七田眞先生が監修した、七田式教育法ご家庭で手軽に実践できる知育教材で、右脳を積極的に開発しながら左脳とバランスよく育て、子どもが本来もっているすばらしい能力を育むことができる通信教育による学習システムで、お子様を早期から『情緒豊か』で、かつ『脳を左右ともフルに効率よく使って考えることが出来る』ようになる学習を行なってみてはいかがでしょうか。

右脳は常に高速のリズムで働き、多くの情報をどんどん吸収したり、物事を覚え忘れないで記憶できたり、さらには何かをひらめき創造したりすることに大きく関係しているといわれています。

【はっぴぃタイム】『七田式』と呼ばれる、幼児教育と右脳教育の第一人者『七田眞』先生が確立した教育法で、その実績も『世界的に広く知られる』、右脳の働きを活発化し、何事にも興味を持ち、脳によく吸収する幼児期に適切なトレーニングを行うことによって、 絶対音感瞬間記憶力などのさまざまな才能を伸ばすことができるのです。

先にも述べた通り、この教育法は脳は幼児期ほど高い可能性と吸収力があるため、 その脳に働きかける時期は早ければ早いほど才能が大きく伸びる可能性が高く、逆に年齢が上がるにつれて その可能性は減っていくという『才能逓減の法則』を応用したものになります。

その可能性を引き出すカギとなる右脳のトレーニング『効果的に行える』ように開発されたのが、この【はっぴぃタイム】の『七田式教育法』なのです。

『子供の才能』を引き出すための第一歩は親と子が一体感を得ること、そして親が子どもを認めてあげること。

それによってこそ【はっぴぃタイム】の『七田式教育法』は高い効果を発揮してくれます。

この『主婦の友社の雑誌通販』や『幼児向け通販カタログTOMA・TOMA』などでもおなじみの『主婦の友ダイレクト』が、右脳開発38年の実績を誇るしちだ・教育研究所と共同開発した教材である【はっぴぃタイム】の『七田式教育法』は、教室と同じような取り組みが、ご家庭でも手軽におこなえる画期的な学習システムになっています。

『右脳が活発に働いている2~4才』から始める、質の高い脳を育む七田式メソッドを凝縮した教材が、『12巻セット』で、しかも『3巻分無料』のお値段なんと『35,100円(税別)』=『37,908円(税込)』と大変お得!

是非とも公式サイトより、まずは資料請求からしてみて、ご検討されてみてはいかがでしょうか。




次に、1歳から6歳までの幼児向け英会話学習教室のご案内です。それがこちらの子供英会話の『ペッピーキッズクラブ(PEPPY KIDS CLUB)』


全国1300ある教室の中から最寄りの教室を検索することが出来、日本人講師、外国人講師がそれぞれ違う役割で、子どもたちに英語で接してくれます。

1タームに1回、外国人講師のレッスンが組み込まれ、日本人講師から習ったことを外国人講師との英会話レッスンで実践。この「習得~実践型」の英会話レッスンだからこそ学んだ英語を「伝える楽しさ」が実感でき、英会話の自信を付けさせることが出来るのです。

グローバル化が進み、海外との接点が増え続ける昨今、今後はますますその機会も増えていくでしょう。そうなった時、全世界中で、第一、第二、ないし第三言語として最も話されている英語が出来るのと出来ないのとでは、お子さんに対して開ける未来の選択肢というものは雲泥の差となってしまいます。

ですが、母国語ではない言語を大人になってから修得するというのは、ハッキリ言って並大抵の努力ではできません。

ならば、まだ脳が形成されている段階である幼児期に、英会話に慣れさせ、英語を自然に、かつ日常的に話させるような環境に置くことが出来れば、お子さんは日本語を話すようにして英語を習得することが出来るでしょう。

英語といっても所詮はただの『言葉』です。日本語が話せるなら、同じように英語を話すことは誰にでも出来ます。当たり前ですが、アメリカやイギリスなどの『英語圏の人たち』は、たとえどんなに頭が悪かろうと、勉強ができなかろうとも英語だけはペラペラです。それは、小さい頃から母国語として慣れ親しんできたからであり、我々が日本語ペラペラであるのと同じ理屈であるわけです。逆に言えば、同じ環境なら、日本人でも英語がペラペラになるのは当たり前なのですね。

そして、現在の日本社会において、受験科目に英語は必ずついて回ります。小さい頃から英語に慣れ親しんでいれば、いざ受験で英語を勉強しなければならなくなったとしても、なんの障害でもなくなってしまうでしょう。

というわけで、早い内から英語に慣れしたんでおかせることには、受験、学校の授業、そして将来的な就職に至るまで、一生もののアドバンテージを得ることが出来るようになるわけです。

そこでこの『ペッピーキッズクラブ』であれば、お子さんにネイティブ講師による実践的英語環境に身を置くことが出来るようになるわけなのです!

月謝も月々大変リーズナブルになっていますが、コースやお住まいの地区によって若干変動しますので、是非とも公式サイトでチェックしてみてください。

1・2歳コース、2・3歳コース、4~6歳コース、小学生、中学生、高校生コースと、お子さんの年齢に合わせた幅広いコースが用意されています。



▲このページの目次へ

2) 小中学生のお子様向け

続いて、少し年齢を引き上げた小学生・中学生用ですが…

率直にお聞きします。小中学生のお子さんをお持ちの親御さん、今のお子さんの現状、勉強に対してどういう姿勢ですか!?

1) 勉強する習慣が無い
2) テストも成績も振るわない
3) 出来ていないのに危機感がない
4) 予習・復習・宿題・課題など…勉強を促しても全然聞かない
5) 今はちゃんとできているけど、高校や大学などこれからが不安
などなど…

もし今の時点でつまづいてしまっているのなら、この先受験や進学先での授業での遅れ・つまづきから改善させるのは、ハッキリ言って至難の技ですよ!?

ならば、インターネット自宅学習システム【e点ネット塾】で、今の内から変えていきましょう!



インターネット自宅学習システム【e点ネット塾】は、その名の通り『通う必要』がなく有名予備校講師の授業『自宅で受講できる、インターネット学習システム』です。

既存の塾との併用は勿論、『近くに良い塾が無い…』とお嘆きの地方住まいの方や、『夜中に子供塾に出すのは心配…』『毎回の送り迎えが負担…』といった方にも安心の、今注目を集めている『新しい学習システム』なのです!

小学1年生~高校3年生までの単元を網羅しており、予習・復習・受験対策にも最適で、学校の授業や塾では『わからないまま進んでいってしまう』ようなところも、理解できるまで『何度でも繰り返し』受講することが出来ますので苦手科目もしっかり覚える事ができます。

実は学校の授業の1時間(40~45分)の中で、理解しなければならない要点は、実は10分程度です。

それ以外の時間は、先生が板書したり、生徒に挙手させて問題を解かせたりする時間に費やされているのが実態であるのです。

ですが【e点ネット塾】では、授業の長さは約10分程度。必要な事だけを短時間で解説しているのです。

飽きっぽいお子様でも、この長さなら飽きることなくしっかりと学習を続けられますので自宅学習の定着にも繋がります。

当然、授業にあったテキストも付属しており、短時間で集中して学習することができます。

講義映像を視聴し終えて『理解できた!』と思っても、それは結局『理解した気になっているだけ』…そんな事も、多いのではないのでしょうか。

【e点ネット塾】では『映像を視聴する』だけでなく、映像授業に合わせたテキストを用いることで、自分で書いて解(と)くことが、理解を深めるポイントである、と考えています。

例えば『小4~中3コース』の『セルフノート』重要箇所を書き込む事で、講義内容の理解を深めたり、他にも各単元に合せた無料のダウンロード問題集と合せて活用することにより学習効果も確実に向上します。

また、『講義映像』は約『4,800タイトル』もあり、小学生から高校生を対象に、大手予備校・有名塾で活躍している講師内容の濃い授業毎月定額でどれでも使い放題!

単元数も約『5,400』と、学年別・教科別・単元別に短時間で重要ポイントだけをおさえられる授業を受けれるのは、【e点ネット塾】にしかない最大の特徴であり、唯一無二の魅力だと過言ではないでしょうね。

パソコンとインターネットさえあれば自宅講義を受けられるので通塾不要!

不登校のお子様海外にお住まいの方にも多く利用されています。

そして、分からない事があっても、中々『面と向かって』教師や講師に『直接』聞きづらいというお子様にも安心の、【e点ネット塾】専用『質問コーナー』も設けられていますので、『講義を何度受けてもよくわからない…』『どうしてこうなるのだろう?』『この問題の、もっと詳しく解き方を知りたい!』などなど、分からなかったことをそのままにせず、気軽に質問が出来るようになっていますから、お子様の『性格』などに関わらず、より理解を深められるようになっているわけです。

『小学生コース』や『中学生コース』、『小・中学生コース』など様々なコースがあり、しかもどれも非常にお安い価格設定となっておりますので、上記の充実した内容と合わせるとこれは大変お得で、かつ効果の高い学習システムであると思います。

しかも、各種キャンペーンにより、入会金や月会費も更にお安くなるかも!?

実際の講義を受講を『無料』で体験できる『無料体験』もありますので、この機会にぜひ【e点ネット塾】公式サイトをチェックしてみてください!

日頃の学習の癖付けに、受験対策に、手を打つなら早ければ早いに越したことはありませんよ!


是非ご検討ください。



▲このページの目次へ

3) 最後に

今後、日本社会の情勢はどう変化していくか解かりません。或いはもっと就職難、失業率増加の一途をたどって行ってしまうのかもしれません。

仮に移民政策が実行に移されてしまっては、ますます日本人の就職率は下がって行ってしまうでしょう。

そうなった時に、お子さんの身を守るにはお子さんに『生き残るための武器』を身に付けさせなければならないのです。

それこそが『学力』であり、しっかりとした『学歴』なのです。そういった武器が身に付いてさえいれば、日本人社会の中でよりよい生活をして行けるだけの可能性はぐっと広がるのです!

その為には、まずは基礎からしっかりと築き上げていく必要があります!

早すぎるということはありません!着手するには吐ければ早いほど良いのです!

逆に、むしろ今からでも決して遅くはありません!何歳からであろうと関係ありません!この記事に出会った今がチャンスです!

何よりもまず、お子さんの未来の為の下地作りをしていきましょう!今!ここから!


というわけで、ここまで読んでいただき、まことにありがとうございました。この記事があなたのお役に立てなら幸いです。

併せて読みたいオススメ家庭教師


copyright © 2018 お得情報.jp all rights reserved.
当ブログはリンクフリーです。
Powered by FC2ブログ

プライバシーポリシー

お問い合わせフォーム