お得情報.jp

一覧へ戻る

身に付く英会話 TOEICのための 学習法

このページのカテゴリ

このページのキーワード

英語  英会話  学習  勉強  教養  オンライン学習  比較  教室  教材  趣味 

英語学習(英会話・TOEIC)を真剣に学びたい!


英語・英会話ができるようになりたい!
英語を勉強したい!使えるようになりたい!話せるようになりたい!と思っている人って結構多いと思います。


海外旅行に行った際、現地の人とコミュニケーションを取りたい、逆に海外からいらした外国人の方と話したい、外国映画を字幕なしで見れるようになりたい、英語書籍をそのまま読みたい、etc.

日本国内だけで生きていくなら日本語を話せればそれで十分ですが、この国際社会の中ではそうも言っていられないでしょう。まして、この先の未来、どうなるか全く分かりませんから、英語を話せないよりは話せるほうが良いのは間違いないでしょうね。

私の場合だと、何か調べ物をする際に、その分野において『日本語で翻訳されている資料や文献が一つもない』場合でも、英語で書かれている物は在ったりすることが結構多いので、インターネットを使って調べ物や探し物をする場合にも、
英語が使えるというのは非常に大きいと思っています。


現在、この地球上の最も多くの国で、母国語、ないし第二以下の公用語として使用されているのが、英語です。そういった方々と円滑にコミュニケーションを図ったり、多種様々な文献を読んだりするには、英語を使えたほうが良いというのは充分うなずけることだと思います。

でも、『日本人は英語が話せない』と、海外の方からはよく言われます。
日本は、実際に学校教育で英語を教えている国であるにも拘らず、現実問題として、多くの英語教育を受けてきた日本人は、総体的に英語を話すことが出来ていません。

あなたにも身に覚えはありませんか?

これは一体どうしてなのでしょうね?


1) 何故日本人は英語が不得意なのか?

日本人が英語を話せない大きな要因として、日本では『受験勉強の為の英語になってしまっている』ということが、よく取り沙汰されます。

確かに、それも要因の一つではあるでしょう。
『試験や受験の前は一生懸命勉強する』けど、それが終わってしまったら『忘れてしまう』という、いわば一過性のものでしかないわけですね。

ただし、そうであったとしても、日本の学校教育で教えている英語では、たとえ学校で勉強したことを全く忘れなかったとしても、実際に話せるようになるのは相当困難でしょう。


実は私は、学生時代『英語は赤点常習者』でした。理由は単純に『当時全く勉強していなかったから』です。
『英語なんか勉強しなくたって困らない。無駄。』と思っていた、いわば捻くれた子供だったわけですが(笑)、それがかえって、現在英語を勉強するにあたって、非常にやりやすい要因となりました。


日本の英語教育での問題点は、大きく分けて2つあります。

1) 暗記
2) 逐一日本語訳する

(1)については、英単語や文法などを暗記しますね。
確かに暗記も大事なのですが、暗記しただけのものというのは、いずれ大抵忘れてしまいます。
『この表現は何故そう言うのか?』あるいは、『どういったニュアンスがその表現には含まれているのか?』というようなこととセットで覚えていかないと、英語は絶対に身に付きません。

例えば、「I live in Tokyo.」という文章があって、意味は「私は東京に住んでいる。」となるわけですが、それではそれ以外の時節や表現について、
1.「I am living in Tokyo.」
2.「I lived in Tokyo.」
3.「I have lived in Tokyo.」
4.「I used to live in Tokyo.」
5.「I will live in Tokyo.」
6.「I am going to live in Tokyo.」
となった場合、それぞれでどういった『ニュアンス』となるのか、説明できますでしょうか?


1は『現在進行形』ですね。日本語訳にした場合「I live in Tokyo.」とほとんど差はありません。
ただし、英語でのニュアンスにおいては、「I live in Tokyo.」というのは、「現在住んでいる」という状態のみを言い表しますが、「I am living in Tokyo.」では、「ある一定期間に渡って、過去から現在に至るまで住んでいる」ことを表します。
「I live in Tokyo.」では、そう言ったまさにその時、その瞬間に『今まさに住み始めた』のかもしれないわけですね。
つまり1には、『住んでいる時間』が含まれており、かつ、現在形よりもそのニュアンスを強めて表現しているわけですので、聞く側も、そういう風に受け取るわけなのです。

2,3,4は、それぞれ大きく言うと『過去』の話です。
2の「I lived in Tokyo.」は、単純に「過去住んでいた」というだけの意味でしかありませんが、3.「I have lived in Tokyo.」および4.「I used to live in Tokyo.」には、それぞれで『現在の状態』も含まれています。
3でいけば、日本では『過去完了形』と教えていると思いますが、皆さんならどう『訳』しますか?

多分「東京に住んでいたことがある。」といった感じに考える方も多いかもしれません。でも、これは厳密には『間違い』です。

実際のニュアンス的には、「I have lived in Tokyo.」には、「私は現在東京に住んでいるが、今は東京には居ない。」となります。

え?と思った方もいらっしゃるかもしれませんが、この「have + 過去分詞」という文章は、ニュアンス的には『過去の状態を現時点でも所持している』という表現です。つまり「lived」を「have(持っている)」わけですね。

ただし、「I lived in Tokyo.」と如実に異なっている点は、『現時点の居場所が東京ではない』ことです。
旅先?出張?遠出の用事?その状況は様々あれど、とにかくこの言葉を発した人物は、この言葉を発した時点で東京には居ないのです。

4の「I used to live in Tokyo.」も、これと近い意味合いの表現で、話し手は現時点で東京には居ません。ですが、3と決定的に違う点は、『もう東京には住んでいない』ということです。「live」を「used(使った・消費した)」わけですので、この人物は、もう東京に住むことはないのですね。

3は現時点では東京には居ませんが、居住地は東京です。『住んでいた』ことをまだ所持していますから、この人物はこの後いずれ東京に帰ります。でも4だと、かつて東京に住んでいたことがあるというだけで、この後、東京には帰ることはありません。

2.「I lived in Tokyo.」には「東京に住んでいた。」という『事実のみ』で、『今どこにいるのか』『また東京に戻るのか』などは分かりません。しかし、3の「I have lived in Tokyo.」なら、今はたまたま東京に居ないだけで、『また東京に帰る・住む』というニュアンスを含みます。4.「I used to live in Tokyo.」には、今は東京に居ないし、今後『東京に戻る予定もない』というニュアンスとなるのです。


5の「I will live in Tokyo.」というのは、一般的に『未来形』と言われますね。「私は東京に住むことになるだろう。」などと訳されますが、これは正しいです。単なる未来の予測の表現として、この言い回しはよく使われます。

ただし、もっと厳密に言うと、そこには『明確な自分自身の意思で』というニュアンスが込められます。「will」自体に「意思」とか「決心」という意味があることからも、これはよく分かりますね。

6の「I am going to live in Tokyo.」も、意味的には単純な未来予測・こうするだろうといった表現となりますが、「will」と違って、『自分の意思ではなく、外部的な要因によって』といったニュアンスが含まれることがあります。「will」が『能動的』であるのに対し、「be going to」は『受動的』なのですね。

実はこれは結構アヤフヤで、「will」のように「be going to」を使うこともありますから、この辺はハッキリと断言できるものではありませんが、おおよそ、『そういうことなのだ』と覚えておくと良いでしょう。イメージ的には、「will」なら『ほぼ100%そうする』が、「be going to」だと『100~80%でそうする』ということです。もっとパーセンテージを落とすなら「may」とか「might」を使うと良いです。


このように、英語の単語や文章には、言外に含まれたニュアンスを表現している物が多々あります。同一の単語や表現に『異なった、様々な意味がある』のは、これが理由なのです。ですので、日本の英語教育のように『この単語にはこの日本語』みたいな当てはめをしても、英語を話せるようにはなりません。ニュアンスで覚えていないと、『Native speakers of English』に自分の言いたいことをしっかり伝えることは出来ないのです。


私の言いたいことが伝わりましたでしょうか?

つまり、英語を日本語訳にしてはダメなのです!英語は英語のまま、『イメージ』で覚えないと、とっさの会話で出てきません!頭の中で一度日本語に翻訳したり、単語帳で英単語を日本語に置き換えて覚えても全く意味がないのです!

これは、最近流行の『聞き流し』も同様で、聞き流しただけでは、絶対に英語は覚えられません。明確に、自分の意志で以って、英語をイメージに結びつける作業が絶対的に必要です。

あなたが日本語を話している時のことを想像してみてください。会話中に、いちいち単語について意味を考えますか?日本語の単語を聞いた時、あなたは瞬時に、無意識的にイメージを脳内に構築し、返答や自分の言いたいことをイメージして無意識的に日本語に変換しているはずです。

英語もこれと同様で、英語を聞いた時、『頭の中でわざわざ日本語に翻訳し→状況をイメージして→日本語にし→そこから英語に再翻訳する』という流れでやっていては、まともな会話なんて出来るわけがありません。『英語→イメージ→英語』が最もスムーズであり、それこそが『Native speakers』の脳内作業なのです。

聞き流しは、まだ脳が成長している赤ちゃんや幼児なら意味もあるでしょう。ですが、もはや脳細胞の分裂も終わり、シナプスの形成もしづらくなった大人では、ほぼ無意味です。

脳の成長は、一般的に5歳くらいでストップすると言われています。その時『日本語脳』しか形成されなかった日本人である以上、5歳未満と同じような勉強法で母国語以外の言語を身に着けようとしても、もはや手遅れなのです。ならば、私たちは私たちに出来るように勉強するしかないんですね。

これはハッキリ言って楽な道ではありません。勉強ですから、楽して身に着けようとしてもそんなうまい話はありません。努力するしか道はないのです。


2) どう学べば良いのか?

色々脅しまがいのことを書いてきましたが(笑)、所詮英語はただの『言葉』です。特殊技能でもなんでもありません。勉強すれば、誰だって英語を話せるようになれます。

言い方は悪いですが、英語圏の人はどんなバカでもアホでも、英語を流暢に話せています。

当たり前のことだと思いますか?

そう、当たり前なんです。


どんな人でも、やっぱり言い方は悪いですが、例えば字が書けない人でも、計算が出来ない人でも、英語はペラペラです。

なら!あなたに出来ないはずがない!

そうでしょ?そうなんです。
臆する必要はありません。英語なんて、所詮ただの言葉なんですから、あなたにだって出来ることなんです。ただ、今までちょっと臆していただけですね。難しく考えすぎていただけですね。大丈夫!簡単ですから!

実際、英語圏の人たちだって、英語が堪能な人ばかりではありません。日本人だってそうでしょ?みんな綺麗で正しい日本語を話せていますか?文法的に、意味的に、ニュアンス的に、辞書に書かれている通りの、絶対に間違っていない日本語を普段話せていますか?

ハッキリ言って、私はそんな自信、ありませんよ!(笑)

それは英語が母国語の人たちだっておんなじです。私たちの普段の日本語と同じなんです。

日本人の悪い癖は、『絶対に正しい英語を話さなきゃ!』という意味不明な使命感を持っている所です。でも、さっきも言った通り、ちゃんと正しい母国語で普段から話している人なんて稀です。レアです。だから、別にいいんです。そんなこと考えなくても。

逆に考えてみてください。拙い日本語を話す外国人を、あなたならどう思いますか?『正しい日本語じゃない!そんな日本語、話すんじゃない!』とか思いますか?

『そう思う!』という人は、ちょっと考え直した方が良いですよ。(笑)
ま、それは冗談ですけど、あなたが拙い日本語を話す外国人を見て思うようなことを、外国人はちゃんと拙い英語を話す日本人に対して思ってくれます。だって、自分たちだってちゃんと話せているわけじゃないんですから。(笑)

そのぐらいの気持ちでいいんです。もっと気楽に考えてOkay!あなたが日本語ペラペラなのと同じように、頑張ればあなたは英語ペラペラになれます。


さて、精神論はこのくらいにして、じゃあどうすればいいのかという話になりますが、これはもう『慣れる』しかありません。英語だけじゃありませんが、言葉というものは、『話すのに慣れているかどうか』しかありません。

日本では、多くの人が日常的に英語を話す環境にないと思います。世界的にも珍しい程、日本という国は『他国出身者』が少ない国なのです。

何処へ行っても日本語が通じる、何処へ行っても日本語だけでやって行ける環境ですので、英語に慣れていないから、英語に対して引いてしまうんですね。学校で英語の授業をやっていても、それ以外で英語に触れる機会がほとんどありませんから、英語が日常じゃないのです。

でも、先程も言った通り、言葉なんて『慣れ』です。英語も同じです。慣れれば、日本語で話すのと同じように英語を話すことが出来るんです。

一番いいのは、『英語の世界に飛び込んでしまうこと』です。英語圏の国に行ってしまえば、当然英語で話さざるを得ないので、嫌でも英語を話すようになるでしょう。話すしかないのですから。

だけど、旅行は行ける人、行けない人、様々ですね。ある程度金銭的、時間的余裕がないと難しいですし、それに短期の旅行だけでは、なかなか英語ペラペラになれないでしょう。一過性ですからね。

まして、海外留学なんてことも難しいですよね。出来る環境が整うような人って、実際かなり限られていると思います。駅前留学なんて言葉もありますが、外に通うというのは、人によっては『続けにくい』というところが問題です。英語に『慣れ』なければいけないのに、慣れる前に挫折するという方も多いと聞きます。

じゃあどうするのか?

今!あなたの目の前にある、その『箱』を活用しましょう!そう、『PC』です!

今は便利な時代で、インターネットに繋がったPCがあれば何でもできます。回線も高速ですし、最近のPCにはウェブカムも当たり前についていますよね。

それを有効活用しない手はありません!


3) すぐに出来る、役立つ英語勉強法。

PCで出来る英語の勉強法は、大別すると3種類あります。

1) 話す。
2) 聞く。
3) 読み書き。


1) 『会話』

いわゆる『英会話』ですね。実際に『英語ペラペラのネイティブスピーカー』と話すことで、英語に慣れていくという手法です。これは『留学』に近い勉強法ですが、実際の留学では自分から積極的に現地人と会話し、コミュニケーションを図っていかなければ、そもそも会話できるシチュエーションになりませんので、奥手な人にとっては、留学したからと言って英語が話せるようになるとは限りません。

ですが、『英会話教室』に参加すれば、ネイティブスピーカーの講師たちが積極的にあなたと会話してくれます。もちろん『英語も日本語もペラペラ』という講師も多いですから、最初は『基本日本語、ときどき英語』くらいの感じで話してくれ、徐々に慣れてきたら英語の比重を上げる、といった感じでも教えてくれますので、それぞれのレベルに会った導入、スキルアップをすることが出来ます。
積極的な人は勿論、『ちょっと尻込みしてしまうかも…』といった方でも安心です!

こちらの24時間対応のオンライン英会話スクール『Englishtown』などはオススメです。


こちらも無料お試しの期間が1週間ありますので、まずは気軽に試してみることができます。

Englishtownの良さは、なんといっても24時間対応な所。時間に縛られず、いつでも好きな時に受講できますし、教材も豊富で、レベルや目的に合った英語学習ができます。

アメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリア、南アフリカなどの、英語を第一言語として扱う世界中のネイティブ講師も多数在籍していますので、彼ら彼女らからのマンツーマンレッスンを受けることも出来れば、世界中の、あなたと同じように英語を学びたいと思っている『外国人と一緒に』交流しながら英語に慣れ親しめるグループレッスンもあって、とにかく規模がドデカイです。

日本以外に住んでいる人たちだって、英語が得意でなく、でも英語を学びたいと思っているあなたのような人も大勢います。そういった人たちと、自宅に居ながら一緒に英語を上達させつつ、しかも異文化交流まで出来ちゃうなんて、素晴らしいと思いません?


2) 『聞く』

次に、『聞く』勉強法ですが、これは『教材』に頼ると良いでしょう。PCは勿論、スマホやタブレット、携帯音楽プレイヤーなどなどで、好きな時に好きなだけ聞き、日常的に英語に触れることで、ネイティブスピーカーたちの話す英語を『聞いて理解することが出来る耳』を養うわけです。

『聞いて分かる』と、段々『話せる』ようになっていきます。これは、通常の学校英語教育のような『英語→日本語→英語』という段階をすっとばし、脳内で『英語→英語』とダイレクトに変換できるようになるためです。気付いたら、いつの間にか『英語で考えることが出来るようになる』のです!


そこでこちらの『脳科学』の視点から『リスニング・スピーキング能力を養う』のにうってつけの教材が『YouCanSpeak』


まずは一度公式サイトへお越しください。『如何にすれば英語脳が身に付くか』を詳しく説明してくださっています。ですが、敢えて一言で言うなら、『脳の仕組みに基づき覚え、脳の仕組みに基づき、一度覚えた物を忘れない』ようにしてくれるのが、この『YouCanSpeak』なのです!

具体的内容としても、ゲーム感覚で学ぶことが出来、しかも、自分の学習の進捗状況をリアルタイムで見ることが出来るものですので、モチベーション維持がしやすく続けやすいと思います。


3) TOEIC

『TOEIC』の為の英語教材としての最高峰は、私個人的には『鈴木拓』氏の受講教材だと思っています。

今回ご紹介するのは3つのコースですが、どれも鈴木氏の解かりやすい解説が公式サイトに書かれていて、彼の英語に対する考え方、英語を勉強するための方法論は呼んでいて非常に面白いのと同時に、非常に勉強になります。こちらも、いずれかの公式サイトを一読頂ければ十分理解することが出来るでしょう。

あなたが英語初心者なら…ゼロからの英語やり直し教室『New Beginning』



英会話の上達を目指すなら…『英会話のための英文法 G4C』



TOEICにおける『長文読解に悩んでいる』のなら…『英語真っすぐリーディング講座』



英文法を『暗記』ではなく『パズル』として理解するための…『分かる!解ける!英文法!』



現在の英語レベル、なんのために英語を学びたいのかによって、受講形式を選択すると良いでしょう。ですが、何度も言いますが、鈴木氏の英語に関する考え方は非常に面白いですよ!是非一度読んでみてくださいね!


自分に合った英会話学習、検定試験講習などが受けたいならなどが受けたいなら、こちらのスクール・レッスン総合検索サイト『ケイコとマナブ.net』 で検索してみると良いでしょう。



全国各地のスクール、講座情報が幅広く載っていますので、仕事をしながらでも無理なく学べる、自分に合った学習方法がきっとみつかることでしょう。


4)最後に…

色々書いてきましたが、結局のところ、英語を使えるようになるためには、勉強するしかありません。ですが、勉強と言ってしまうと、堅苦しい、難しそう、続かなそう…といった、かなりネガティブなイメージが付きまとってしまいます。

これは『自分に合ったやり方でやらない』からです。自分に合っていないのに、無理矢理勉強しようとするから続かないし、身に付かないのです。

だから、自分に合った『学習』をしましょう!

上記でご紹介した『学習』の中で、あなたに合った学習法が見つけられたなら、これはとても素晴らしい事です。そして、あなたに合っているのだから、きっとあなたは楽しく、無理なく英語を学習できるでしょう。

無理なく楽しいなら、続けられます。そして、必ず英語が身に付きます!

それこそが、正しい『学習』なのです!!!

もし、あなたの英語スキルのアップに少しでも役立てたのなら、これほど嬉しいことはありません。

ここまで長々と呼んでいただき、まことにありがとうございました。

あなたの『英語ライフ』が充実して、人生が豊かになることを、心よりお祈りしております。




copyright © 2018 お得情報.jp all rights reserved.
当ブログはリンクフリーです。
Powered by FC2ブログ

プライバシーポリシー

お問い合わせフォーム