お得情報.jp

一覧へ戻る

運転免許合宿プラン

このページのカテゴリ

このページのキーワード

運転免許合宿  免許短期取得  比較  教室  安い・お得  初心者 

運転免許取得のすすめ


自動車・バイクなどの運転免許は合宿で早期取得がお得!
自動車やバイクに乗るためには、国が制定する試験に合格し交付される必要があります。当たり前ですね。

運転免許は国家公安委員会、および警察庁交通局の管理監督を受ける国家資格であり、各都道府県公安委員会名で交付される運転免許証が無ければ、自動2輪車、4輪車ともに運転することは出来ません。

運転免許証を取得するには、運転免許試験場で適性試験・技能試験・学科試験を受験する必要がありますが、独学だけで試験場での試験を受験する、いわゆる『一発試験』『飛び込み試験』で免許取得を目指すことは、ハッキリ言ってとてつもなく無謀です。

適正、学科ぐらいなら参考書などでの独学も可能でしょうが、問題は実際に運転をする『技能試験』ですね。

当然免許取得前であれば、一般公道を運転することは『無免許運転』となり、道路交通法違反となり罰せられてしまいます。公道でなければ(私有地等であれば)上記には当てはまりませんが、そういった場所を確保し、練習用車両も確保する、というのは中々大変ですね。

ですので、現在ではどこかしらの『運転免許教習所』『自動車学校』へ入学し、試験を受けることがほとんど一般的になっています。

目次
※このページ内の該当箇所へスクロールします


運転免許取得の 意味・優位性

実際に 運転免許を 取得するには

教習所の選定

オススメは『合宿』! 早く・安く免許が取得でき 様々なプランや オプションが付帯




1) 免許取得の利点

車やバイクを持っていれば行動範囲が広がります。通勤通学の足としては勿論の事、休日やプライベートでの便利な移動手段としての有用性は言うに及ばずでしょう。

釣り、ゴルフ、スキー、スノボー、サーフィン、レジャーetc...そういった大きな道具を必要とする趣味全般における運送手段として、また買い物などでも大量の、あるいは大型の購入物を運搬することが出来るようになりますし、例えば車中泊などをして国内旅行に出かけてみるなどの、様々な使い方が出来るのが自家用自動車を所有することのメリットです。

地方在住であれば、日頃の足としての自動車の利点はたくさんありますが、一方で首都圏などの都会では、公共交通機関の発達と、自動車の過密、土地の僅少さからくる駐車場確保の難しさなどの理由により、一概に自動車を取得することはメリットであるとは言えません。当然、自動車には維持費もかかりますから、自動車そのものも高額であるのに、更に維持費を出してまで所有する意味は無い、とお考えの方も多いかもしれませんね。

ですが、自動車免許にはもう一つの側面があります。

それは、言うに及ばず『身分証明書としての効力』ですね!

先程も記載した通り、運転免許は『国家資格』です。国が認めるこれ以上ない『証明書』であり、しかも『本人の顔写真の記載が義務付けられている』ことから、免許証を所有しているということは、各所における手続きにて自らの身分を証明するための証としては非常に効力が高く、しかも他の証明書と違って『交付されるまでの過程が比較的容易』『携帯しやすい』といった利点もある為、普段自動車を運転する必要が無かったとしても所持しておくことにデメリットは無いのです。

また、就職活動においても、最低限の所有資格条件として『運転免許』を指定している企業は多いのです。

営業職などは勿論の事、一見業務上自動車運転をしそうにないような職場であっても、その企業、職場の所有する業務用車両を運転するシチュエーションとなる場合はある程度想定されますから、採用する側としては運転免許を取得していない人よりは取得している人を採用しやすくなるのです。

逆に言えば、自動車運転免許証を持っていれば、それだけ就職口にも幅を持たせられるのです。業務として自動4輪、自動2輪を運転する機会が多い職場や、業務車両、商業車、特殊車両を運転しなければならない職種などは言わずもがな、運転免許証が直接業務に関係しないような職場であっても、上記の様に『持っていて損にはならない』ため、現在の社会において運転免許を『敢えて取得しない』ことによるメリットなんて全く無いと言ってしまっても過言ではないのです!

▲このページの目次へ

2) 免許取得にあたって

自動車運転免許を取得する際には、いずれ必ず何がしかの自動車学校に入学する必要がありますが、そこで問題になるのが、

1) お金がかかる。
2) 時間が掛かる。

の2点ですね。更に、普通自動車免許の取得であれば『MT(マニュアル)免許かAT(オートマ)限定免許か』という問題もあります。


お金に関して言えば、自動車教習所によってまちまちです。

先にも記載した通り、教習所に行こうが行くまいが、最終的には誰であっても運転免許試験場での試験を受けなければ免許証は公布されません。

しかし、『指定自動車教習所(通称 : 公認・車校)』へ入所した場合は、同所の卒業検定に合格する事により、運転免許試験場での技能試験が免除されます。要するに、適正試験と学科試験だけ受ければいいわけです。

ただし、免除されるということは、逆に言えばそれだけ『教習所で受けなければいけない時間・日数が決まっている』ということでもあるわけで、例え最短で取得できるようなコースであったとしても、ある一定の時間は必ずかかってしまうと言うことになり、それはつまり『最低でもある一定額の金額がかかる』ということでもあるのです。

実はこれは『教習所における学科教習』についても同じことが言えます。運転免許試験場における『本試験』に向けた対策の為であるのは勿論の事、試験場での技能試験免除の為に受からなければならない『卒業検定』時に必ず存在する『公道試験』を受けるために絶対必要な『仮免許試験』を受けるために、学科講習の『必要最低受講時間』という物が決まっているためなのです。

これらは上記(2)における『時間がかかる』にもつながってきますね。免許証を得るためには、それなりに長期的な拘束時間が発生し、それに伴う受講料等を支払わなければならないのです。


また、最近の一般的な自動車はほぼ『AT(オートマチックトランスミッション)車』であり、これから普通に自動車を運転するのであれば、よっぽどのこだわりがある人でもなければ『MT(マニュアルトランスミッション)車』を運転する機会なんてあまり無い事でしょう。

一昔前であれば『企業の業務車、営業車にはマニュアル車も多いので、オートマ限定免許は避けた方が良い』と言われていましたが、昨今ではそういったマニュアル営業車は続々と撤廃されており、新規に導入される社用車はほとんどがオートマですので、『就活のための自動車免許』としてこれから取得する場合であればオートマ限定でも特に問題は無いかと思います。

勿論、万全を期すなら『オートマにもマニュアルにも乗れる』免許を持っているに越したことはないですが、オートマ限定に比べると『最低必須受講時間』が必ず伸びてしまいますから、それだけ拘束時間もかかる費用も上がってしまいます。当然ですが、『オートマ限定免許でマニュアル車を運転すると道交法違反』となってしまいますから、万が一マニュアル車を運転する機会が想定されるのであればオートマ限定免許の取得はやめておいた方が良いでしょう。

この辺りについては、『何故運転免許が必要なのか』『車を運転する目的』をよく考えて選択するべきです。

▲このページの目次へ

3) 教習所の選定

教習所にも実は2パターンあり、先にも少し触れましたが『指定(公認)』と『非公認』の2種類があるのです。

指定・公認とは公安委員会に正式に指定されている自動車学校ということになり、そこで実施されている卒業検定に合格することが出来れば、試験場での技能試験を受けることなく『免除』されます。

裏を返せば、非公認の自動車教習所を卒業しても、試験場で技能試験を受けなければならないわけですので、時間的にも金銭的にも『指定・公認の自動車教習所』に入学するほうがメリットは高いわけですね。


しかし、いずれにせよ自動車学校というものはとにかく時間が掛かります。先にも書いた通り、受けなければならない必要最低限の受講時間が定められているため、ある一定期間は必ず絶対通って行かなければならないからです。

自動車学校に通う際に選べるパターンというものは2種類用意されています。それは『通常講習』か『合宿』の二つです。

通常であれば、自分の好きな時や空いた時間を利用して教習所に通うのですが、この場合だと、『自分で計画的にキッチリ時間を決めて、その通りにちゃんと真面目に通う』必要があります。

これがちゃんと実行できる人であれば特に問題は無いのですが、例えば本来なら教習所に行かなければならない時に、面倒がって休んだり先延ばしにしてしまうと、当然その穴埋めを後日しなければならなくなってしまいます。

ですが、人というものは一度怠け癖が出てしまうと、その後ズルズルいってしまうという場合も多いのです。

身に覚えはありませんか?

先にも記したとおり、受講しなければならない最低限の時間は定められていますので、いくら先延ばしにしようが卒業するためにはいつか必ず受けなければなりません。

『でもめんどくさい…』『今日は気分が乗らないから、また今度…』などとやっていると、終わるまでの時間もまたずるずる伸び放題です。それだけ時間をかけていては、当然教習所に支払わなければならないお金もどんどん増えていってしまいます。


一方『合宿』であれば、ある一定期間ほぼ毎日教習所へ通い詰めるという、いわば『短期集中特化型』ともいえるコースで、普通の学校などのように『入学から卒業までガッツリ通う』ことをある意味半ば強いられるわけです。

終わりが見えづらくなってしまいがちな一般のコースに比べ、『この期間通えば終わる』というゴールが見えやすい合宿コースであれば、どんなにめんどくさがりな人でも『この期間我慢すれば終わるんだ!』と目標を制定しやすくなりますので、免許取得をするのであれば『合宿』が是非ともお勧めです。

…実は、私が免許を取った際に通ったのも『合宿コース』でした。

ハッキリ言って結構きつかったですよ。(笑)

大学の夏休みを利用して合宿コースで受講したんですが、暑い中、朝早くから夕方くらいまで毎日毎日教習所通いで、大学は休みなのに1ヶ月くらい『別の学校で授業を受けていた』んですからね。(笑)

でも、私の性格上、合宿コースで1ヶ月缶詰になって取ったのは却って良かったと今になってみれば思います。大学の同級生の友達と同じコースに同時に応募して一緒に通っていた、というのも大きかったでしょう。互いに愚痴り合ったり、『あの授業どうだった?』とか『あの教官、ムカつかね?』など(笑)と言い合ったり、待ち時間の暇つぶし相手が居るというのは、モチベーションの維持がとてもしやすかったのです。

一方で、そういった合宿に参加せず、普通に教習所通いをしていた友達も中には居ましたが、そういう人は大抵何か月も、酷い人になると『1年近く』も通いっぱなしで、『え!?お前まだ取ってないの!?』とか言っていたような気がします。(笑)

そういう意味でも、『運転免許を取るならやっぱり合宿!』がオススメですよ!

▲このページの目次へ

4) 免許を早期に安く取得するなら合宿がオススメ!

私の頃は、教習所の合宿と言えば地元でとるのが一般的でしたし、朝方教習所のバスに乗って夕方にまたバスに乗って返されるの繰り返しであり、正直面白くもなんともない、ある意味苦痛な1ヶ月でしたが(笑)、最近の合宿コースにはそうではないコースも用意されているようです。

例えばこちらの『合宿免許ドリーム』では、全国各地の合宿教習所を、あなたのプランや目的に応じて、それにマッチした教習所を見つけることが出来るという、いわば『運転免許合宿の総合検索サイト』といえるようなサイトです。


地元での教習は勿論の事、『夏休み・冬休みを利用した格安プラン』や『格安宿泊プラン』などを利用して、旅行気分で他県の合宿に参加してみるのも一興かもしれません。学生だけでなく、就職活動中の方や社会人の方でも、ちょっとした旅行がてら運転免許を取りに行ってみてはいかがでしょうか?


また、こちらの『合宿免許受付センター』でも、全国各地の運転免許合宿コースを取り扱っています。


ポイントは最短13日で免許取得できるコースであったり、女性でも安心の友達と二人でホテル・マンション宿泊付コースがあったりと、こちらも旅行感覚で手軽に、かつ格安で合宿参加できるところでしょうね。

こちらの公式サイトからお申込みいただければ、今なら5,000円オフ、遠方でも宿泊費、交通費、食費全て込みで、追加料金一切不要のコースが多いのも嬉しいところです。


また、こちらの『免許合宿ライブ』でも、全国各地の合宿プランを検索できるようになっています。


人気自動車学校のランキングがあり、人気の学校から選択するもよし、カップル宿泊プラン、託児室付のままと一緒に合宿プラン、自炊プラン、外国籍向けの方プラン、温泉三昧、観光スポット充実プランなどなど、合宿をより楽しくする企画検索ができるのも嬉しいですね。

他にも『人気の合宿免許だけ紹介する』【教習所.com】なら、夏休みを利用して『海や山が近い教習所』で、免許取得がてらリゾート気分も味わえたりするような、『人気の高い合宿』だけを紹介してくれますので大変オススメです!



そしてこちらの合宿免許一筋20年の老舗!【合宿免許プラス】は、とにかく老舗ならではの『安さ』がポイント!


老舗だから紹介できる教習所は『多数』!もちろん『安く』旅行気分を満喫し、レジャーなどを楽しみながら免許も取得できちゃうような『人気』の様々なプランを多数保有していますので、きっとあなたに合った合宿プランが見つけられるでしょう!


いや~、こうしてみると、時代は変わったもんですね!

先にも言った通り、私が通った合宿というのは本当にキツかったんですが、それでも歯を食いしばって『ガマンガマン…』と自分に言い聞かせながら、友達と一緒に頑張って通ったものだったのですが、こんなに色々と楽しそうな合宿コースがあるなら、他県で受けてもいいかもしれません。

なんか、本当に『旅行に行った』気分になれて、むしろ『良い思い出』になったかも…(笑)

そういう意味では、今の時代の人たちは恵まれてますね。

たくさん紹介してきましたが、一度すべて覗いてみて本当に自分に合った合宿プランを探してみてください。

そうすれば、必ずやあなたに合った『良い思い出』と共に『免許を取得できる』と思います!

願わくば、あなたが自分に合った合宿に巡り合え、楽しい思い出と共に免許を取得出来たなら、と心よりお祈りいたしております。


さて、ここまで読んでいただき大変ありがとうございました。この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

















copyright © 2018 お得情報.jp all rights reserved.
当ブログはリンクフリーです。
Powered by FC2ブログ

プライバシーポリシー

お問い合わせフォーム